器の縁の緩やかな曲線が美しい,穴山大輔(翠窯)さんのカレー皿。

「持ちやすく、すくいやすく、冷めにくい」をコンセプトに、デザインではなく、使いやすさと料理を引き立てる事に重点を置き、作り込まれています。

入荷したのは、織部、御本手のカレー皿と小さなカレー皿。

釉薬それぞれに個性があり、カレーだけでなく、サラダやパスタや煮物など、さまざまな料理映えの違いが楽しめます。

料理を美味しく美しく見せてくれ、なにを盛り付けようか考えるのが楽しくなる器です。

※最後の写真の黒瑠璃のカレー皿も店頭にございます。