Blog, News

坂本正美窯より久しぶりに小鹿田焼が入荷しました。

坂本正美窯より久しぶりに小鹿田焼が入荷しました。

飛び鉋、刷毛目、櫛描き、打ち掛け、流しなどの技法で知られる民藝の器、小鹿田焼。

現在10窯が一子相伝で技術を継承し開窯以来の製造法を受け継いで作陶されています。

今回、”飛び鉋”の茶碗やどんぶり、深鉢やすり鉢、マグなどが入荷しました。

※平皿も注文していたのですが、今回入荷はありませんでした。

ロクロを回しながら弾力性の強い鉋をあて、表面に刻みを入れる技法”飛び鉋”。

この飛び鉋の幾何学的な模様は、和洋中と料理を選ぶ事なく食卓に馴染んでくれます。

スーパーで買ってきた、かき揚げとネギを うどんの上に乗せただけの適当な お昼ご飯でも、

小鹿田焼のどんぶりのおかげで素敵にしてくれるので、我が家でとても重宝しています。

リズム良く刻まれた「飛び鉋」の目の細かさ、美しさ、そして力強さを感じてみてください。

※なくなり次第終了となります。ご了承ください。

2018-02-17 | Posted in Blog, NewsComments Closed